読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡・天神の美容室RICHAIR むつみブログ

天神の美容室『RICHAIR』でプレスマネージャーをしている“むつみ”のブログです。

「博多銘菓 ひよ子」と「東京銘菓 ひよ子」

f:id:rmutsumi:20160114054349j:image

つぶらな瞳の感じ。

f:id:rmutsumi:20160114054432j:image

可愛くて、たまらないですね。

中には白インゲン豆から出来る
黄身餡が入っていて、小麦粉と卵など
からできた皮で包んであるお饅頭です。

「博多銘菓 ひよ子饅頭」出来たてほやほや。
あったかい…♡

この、小さなサイズのひよ子さんは
販売されていないそうです。

こんなに可愛いと勿体無いけど
パクんと美味しく頂いちゃいました☆

どこから食べるか躊躇しながら。笑

「ひよ子」
博多銘菓のひよ子があるとは知らず
私はずっと東京銘菓だと思っていました。

福岡のお友達に聞くと、
「ひよ子は博多のもんやけんね!東京じゃないと!」
って教えられまして…。

標準語で言うと
「ひよ子は博多のものだよ!東京じゃない!」
ですね。

びっくり。

東京銘菓のひよこさんはもうちょっと
ぷっくり丸かったようなイメージ。

なんで似てるのか調べたら発症は、
福岡県の飯塚市にある〝吉野堂さん〟
だったんですね。
博多でも東京でもない。

昔、飯塚市は日本最大の炭坑の町だったそうです。

その頃、長崎街道を通って本州へ
運ばれるお砂糖が手に入りやすかった
ためにお菓子製造が盛んだったのと

重労働の後の甘い物はとても好まれて
「ひよ子」は人気になったんだとか。

炭坑が衰退してからは、
福岡市の天神にある商店街の〝新天町〟
に進出してお店を構えられたそうです。

そのとき名称を〝株式会社ひよ子〟
と変えて数年後、東京五輪をきっかけに
東京にも工事を構えて東京進出されたそうです。

東京では羽田空港や東京駅での販売から
始まり、東北新幹線開通のときに
「東京銘菓 ひよ子」と大々的に宣伝
して、一気に知名度が上がったそうです。

「博多 ひよ子」と「東京 ひよ子」は
ラインナップは少し違っても、
同じグループ企業の製品なんですって☆

博多・福岡市の方では百貨店やテナント
形式が多く、焼き立てでかわいいひよ子
が並んでいるのを見かけます。

「博多 ひよ子」と「東京 ひよ子」
食べ比べしても楽しめそうですね♪